2017年

4月

07日

母の日フラワーレッスンメニュー、どうやってデザインしたら喜んでもらえる?自分にない視点の大切さ

埼玉ふじみ野

お花の先生という生き方を自宅からはじめる
フラワースクール花音~Kaon


自分らしく生きたい女性を花で応援する専門家
長谷川淑美です。

 

ブログへのご訪問ありがとうございます。

 

 


母の日まで、あと1か月!ですね

 

あちらこちらで母の日フラワーレッスンや

母の日ギフトのお知らせを見かけます。

 

 

花が、一番必要とされる時!

 

しかも、

みんながお母さんを想って作ったり、

お母さんを想って選ぶ

嬉しいお花。

 

 

そういうシーンにかかわれる時、

花にはチカラがあるな!

花の仕事っていいな~と

しみじみ思うのです。

花を教えたい!

これからフラワースクールを開きたい!

人にとっても、とってもよいチャンス。

 

 

自分で考えた花で

作る時間を楽しんでもらい

その花をもらったお母さんが喜んでくれる!

 

 

すご~~く遣りがいがあり、

嬉しいことですね^^

 

 

そんな母の日めざして

フラワースクール自宅開業講座の受講生さんたちも

母の日メニューデザインに頑張っています。

 

 

 

デザインを考え

どういう花材を使うか考え

実際に仕入れて

試作し

喜んでもらえるものにブラッシュアップしていく。

 

 

ビジネス講座のカリキュラムとして、

その過程でアドバイスしています。

 

 

慣れも必要ですが

自分ひとりで考えていてもなかなか進まない・・・

 

慣れて自分なりのやり方をつかむまでは

自分にない視点も大事です。

 

 

受講生さんと

アドバイスのやり取りをしていて

 

『確かに!

 ○○○が効果的に見え、

 ○○アレンジっぽくなりました!』

 

 

と聞いたとき、

もう、自分の事以上に嬉しくて、

(試作の仕上がりが楽しみ)

 

 

だって、その先には

喜んでくださる

受講生さんの生徒さんが待っているから^^

 

 

ほんのちょっとしたポイントなんです。

だったら、

自分にない視点をとりいれた方が早いですね!

 

 

昨日も書きましたが、

お花の入れ方にももちろんコツはあるけれど、

綺麗に作れるかどうか?って

(もちろん!生徒さんが!ですよ^^) 

 

レッスンでの教え方以前に

デザイン、花選びの段階で...
だいたいは決まってしまっている
のです・・・

 

 

それくらい

メニューのデザイン、花選びは

フラワースクールにとって大切で、

 

いくら自分が

与えられた花材で上手に花をアレンジできても、

 

自分でデザインして

その形が作れるような花選びができなかったら・・・

 

生徒さんには

喜んでもらえない・・・・

 

 

だからこそ!


フラワーデザインの構造を知って、

自分で創れる!デザイン力をUPするとよいのです。

 

 

こちらの講座でみっちりデザイン力をつけていきます!

そして、そのデザイン力を活かすメニュー作りのコツ

○○○な視点も

活かしていきましょう。

 

理想の生徒さんに会える仕組みを知って

  花を仕事にするための

  デザイン力 + ビジネス力 をアップするコース  

     ↓

○○○な視点で作った母の日レッスン

ご好評いただき^^

残1名さまとなりました!

 母の日 春色ハッピーリース♪ 

 

まずはこちらで必要なことを知ってくださいね!

  無料メール講座では

 花の資格から教室開講へのStepをお届けします

 

     登録はこちらからどうぞ